iPad

iPad8&iPad Air4発表!iPad Proと比較

この時期は毎年Appleの発表とiOSの更新があるアップルユーザーには楽しみな時期。そして昨日16日の発表では【 iPad Air4世代】【iPad8世代】【 Apple Watch6 】が発表されました。*iPhone1210月に発表されるようです。

映像の中で 2020年はiPadを全て新しくアップデートする年です」と語り、今年の3月に発売された【 iPad pro4世代】を追う形で【 iPad Air4世代】【 iPad8世代】が発売されました。全てといいつつiPad miniをスルーしていたことには触れないでおきましょう

という事で、「性能面」「金額面」にフォーカスして【iPad8】と【iPad Air4】と【 iPad Pro4  11インチ2020)】の3種類を比較してイラストを描くために買にはどれがいいのか?を書いていこうと思います。ただiPad Air410月発売で実際のベンチマークなどが出ていないので予想の域を超えない部分があるのであしからず。

趣味絵、サブ機としてはiPad8がオススメ

始めに今回 AirがよりProに近づいたということでこの両者の比較をメインにしていますが、【iPad8世代】はエントリーモデルとしはコスパ最強!以前の比較記事でも書いていますが、あまり予算をかけたくなく、趣味絵を描くくらいなら【iPad8世代】をオススメします。

サイズの比較なども含めてこちらの記事で書いているので合わせてお読みください。
今回は比較で省きますが個人的には12.9インチのiPad Proがおすすめでもあります。

プロイラストレータがiPadだけで仕事をして分かったiPadのオススメのサイズ&容量

続きを見る

iPadそれぞれのスペック

比較表はApple Storeがわかりやすいのでこちらから引用しました。
https://www.apple.com/jp/ipad/compare/

全体の性能面ではやはり【 iPad Pro42020)】>【iPad Air4】>【iPad8となります。しかし今回イレギュラーなのはiPad Air4に搭載されるチップ

A14 Bionicチップについて

今回iPad  Airのチップには『A14 Bionic』が採用されています。これは単純なチップの性能としてはiPad Pro4に搭載されている『A12Z Bionic』よりも高速で高性能な次世代のチップで、iPad Proより安価なiPad Airで次世代のチップが初めて搭載されるとは思いませんでした。

ただ、iPad Proのチップが前モデルになるからといって一概に性能が劣るというわけではありません。iPad Pro4の『A12Z Bionic』はRAM6GBなのですがAir4GBと予想されるのでイラスト制作の作業などのメモリを多く使う作業では『A12Z Bionic』の方が向いているようです。

A14 Bionic』=『A12Z Bionic』の上位互換というわけではない

iPad8】には『A12 Bionic』が搭載さています。こちらは安価モデルなので上記2種と比べると劣りますがイラスト制作ではもう充分なんじゃないかというスペックです。去年海外でiPad Proが壊れた時にiPadをつかっていたのですがスペック的にストレスを感じることはありませんでした。

CPUはアプリをサクサク動作させるために必要で、GPUは動画・画像編集の際に必要なのですが、
CPUではAir>Pro>無印
GPUではPro>Air>無印
という順番になっているようです。

顔認証と指紋認証

iPad Proでは顔認証が使われているのに対してiPad Airではトップボタンでの指紋認証になりました。今までホームボタン部にあった指紋認証が全画面になったことで側面に移動しました。iPhone11を使っているのですが顔認証も慣れれば快適ですし、指紋認証も快適なのでここは好みかなと思います。

画面サイズ

個人的にはメインで使う方にはiPad Pro12.9インチをオススメしているのですが11インチもちょうどいいサイズでこちらを使ってる方も多いです。今回iPad Air11インチのproにかなり近づいているので比較するならここでしょう。iPad Air10.9インチと微妙に小さくなっていますがイラストを描く上でこの差は気にならないと思います。

金額の比較

ここも焦点としてiPad Pro11インチとiPad Airこう見ると金額が15000円追加すればproの11インチに手が届きます
iPad Air64GB100%容量不足になるので246GB一択です。64GBはないものと思ってください。

iPad Pro32018)を買うのもありでは?

ここまで比較していてiPad Proの前モデルiPad Pro3を買うのもありなのでは?ということに気がつきました。iPad Pro3iPad Pr4と比べると見た目も性能もほとんど変わらず型落ちした事で安くなっています。Apple Storeの整備品や中古市場で購入すれば Airと同じくらいの価格でProが手に入るのでiPad Pro3も検討てみてもいいと思います。

 

 

iPad Pro 12.9(2018モデル)

Amazon

iPad Pro5世代の噂

そして、来年の初旬頃発売される説が濃厚な【 iPad Pro5】これが出れば全てのiPadの最上スペックになるので『価格は気にせずiPadをメインで使いたい』かつ『来年の前半まで待てる』方は待つのもありかと思います。僕はサブ機で11インチのiPad proiPad  Airを買おうかなと思っていますが本命はiPad Pro12.9inchなのでもう少しだけ待とうと思います。

まとめ

ということでproと無印の中間位置のAirがよりproに近づいたことで選択肢に入ってきましたが、メイン端末で使いたいというのであればもう少しだけお金を出してiPad Pr42020モデル)を購入するか中古でiPad Pr32018モデル)を買う、もしくは次のproが出るまで我慢するかがいいのではないかと思います。

ただAirが劣るわけではなく、一部はproより性能が良く、新しい要素がふんだんに盛りこまれてるのでサブ機としてや、最新のもので価格を押さえたいという方はAirを買う価値は充分あると思います。またもっと価格を押さえてとりあえずiPadで絵を描きたいという方には【iPad8】はオススメです。

 

iPad Pro 12.9(2020モデル)

Amazon

 

iPad関連のハウツー動画やメイキングなどを上げて行こうと思っているので是非YouTubeのチャンネル登録よろしくお願いします!

  • この記事を書いた人

Rii2

当ブログの管理人。iPadでイラストの仕事をしながら世界中でノマド生活をしています。iPadでどこでも、いつでも仕事ができるという働き方を体現しています。

-iPad

© 2020 Nomad Life