Nomad Life

iPadを使うクリエーターへ向けて、ノマドやイラスト等

iPadアプリ デザイン

iPadでAffinity Photoを使ってRaw画像を編集をしよう

2019年8月19日


Affinity PhotoでRaw編集!

一般的にデジタルカメラで撮影を行うと「JPEG」で保存されますが
初心者から一歩踏み込みたい、クオリティを上げたい方はぜひ「RAWデータ」を使ってみましょう

RAW画像とは

デジタルカメラを使っていると耳にする「Raw画像」(ロー画像)。
そもそもRAW画像とは

デジタルカメラやイメージスキャナ等などにおける完成状態にされていない画像データ
「未現像」データのことを指します。

ではこのRaw画像を使うとどうなるのか、メリットでメリットをみてみましょう。

 

○メリット

・より高画質に出力できる、現像時の全ての計算(ガンマ補正、デモザイク、ホワイトバランス、階調補正、コントラストなど)
を元のデータから一度に行うため、出力の画素値が正確になり、粗階調化を引き起こしづらくなる。

・ガンマ補正、デモザイク、ホワイトバランス、階調補正、コントラストなど 後で調整することができる。

✖︎デメリット

・要領が大きく、メモリーカードに保存できる枚数が減る。

・データ処理に時間がかかる

・JPEGやTIFFなどの標準化されたファイルとは違い、画像を表示できるソフトが非常に限られている。

 

ここで気になるのが3つめ
「画像を表示できるソフトが非常に限られている。」
という点です。

基本的には各カメラメーカーが出している写真編集ソフト(ちょっと使いづらい)
有名なところですと、AdobeのLightroomですね(でも月額制でお高い…)
しかしながら今回ご紹介するAffinity PhotoはRawに対応!いつも通りの編集が可能なのです!

 

Affinity Photoサイト
https://affinity.serif.com/ja-jp/photo/#top

 

データ編集

通常の要領で任意のRawデータを開きます。

画面右側に現像スタジオのUIが表示されます。

基本的には以下の4つの機能がメインです。

・基本スタジオ
露出、コントラスト、彩度、ハイライトなどの調整

・レンズスタジオ
ゆがみ、回転、スケールなど傾きや画角の調整

・ディティールスタジオ
ノイズやディティールの調整

・色調スタジオ
色調カーブ、RGB CMY (色味)の調整

「基本スタジオ」と「色調のカーブ」で概ね調整は可能です。
機能は充実していますので、いろいろ触って試してみてください。

個人的におススメなのが「レンズスタジオ」の、ゆがみ は擬似的に広角レンズにできるので楽しいです。

下部の
「現像」で編集した画像を普段の編集画面に持っていきます。

「破棄」編集を破棄します。

「分割」をタップすると編集前と後を比較することができます。
ダブルタップで並べて比較することもできます。

Raw撮影時のアドバイス

RAWデータのみだと編集環境によってはアイコンが表示されなかったりと面倒なので
データ容量は圧迫しますが、
バックアップの意味も込めて「RAWデータ+JPEG」のような保存方法をとるとなにかと便利です。

Raw編集の注意点

RAWデータは各社データ形式が異なります。
主なカメラ会社のデータ形式です。

Canon .CR2/.CR3/ .CRW
Nikon .NEF
Sony .ARW
FUJIFILM .RAF

 

まとめ

Raw編集いかがでしたでしょうか。
私は、はじめてRawを知った時.jpgで十分じゃないか?
と思っていましたが後から色味や設定を調整できるのはやはり心強いですね
撮影時の感覚や感性が冷めないうちにRawを最大限活用してより良い作品にしあげたいですね。
そうでないと未編集の画像を山ほど積むことに…笑

余談ですが写真は奥多摩の某所のロープウェイです。
廃墟系の写真は暗めの調整が好みですが、今回は明るめにレトロな色味にしてみました。
ノスタルジックな雰囲気が出せてお気に入りの一枚です。

担当:Showta

-iPadアプリ, デザイン

Copyright© Nomad Life , 2019 All Rights Reserved.