Nomad Life

iPadを使うクリエーターへ向けて、ノマドやイラスト等

iPad デザイン

超簡単!Affinity Photoで写真編集~ (ipad版)

2019年7月19日

 

新しいソフトやアプリって覚えるの大変ですよね・・・
なのでAffinity Photoでの簡単な写真編集の方法をまとめてみました。

1.読み込み・保存
2.ジェスチャー
3.色調調整
4.切り抜き
5.書き出し

の5つに絞って写真編集をご紹介します。

Affinity Photoとは

Serif社から販売されている写真編集アプリです。
Adobe社のPhotoshopの代替アプリという立ち居地が一般的ですが
写真編集という点においてPhotoshopに比べ機能に遜色なく
rawデータにも対応しており現ipad環境では優秀なアプリといえます。

現在App Storeで販売されていおり、買いきりで安価だという点も高く評価できます。
日本語にも対応しているので始めやすいアプリだと思います。
サイト:https://affinity.serif.com/ja-jp/photo/

1.読み込み・保存

■読み込み(インポート)

まず、はじめにAffinity Photoのアプリを立ち上げると下の画像のようなホーム画面が立ち上がります。
画面右上の「+」から編集したい写真を選択。

↓↓↓

 

この画面から編集したい写真を読み込むと下のような画面になるので編集スタート!

 

※黄色いふき出しは右下の「?」からいつでも呼び出せます↑

■保存

画面左上「←」でホーム画面に戻ります。そのさい自動で現在の編集データはアプリ内に保存されます。
編集データを保存するにはメニューの「保存」で、ipad内に保存できます。

保存先は画面右上の環境設定から確認、変更可能です。

 

2.ジェスチャー

タブレットで作業するさいにPCとの違いで一番戸惑うのがジェスチャー、タップ操作だと思います。
今回は3つ「戻る」「進む」「スライド」だけ覚えていれば大丈夫です!

・「戻る」
作業の取り消しは、画面を指2本でタップで1つ作業が戻ります。
・「進む」
指3本でタップ、取り消した作業を戻します。
・「スライド」
はスライダーをタッチして上下でパラメーターを変更することができます。

3.調整

いよいよ写真編集に取り掛かりましょう。
写真編集アプリですので多機能でかなり細かく調整ができますが
今回はひとつだけ、ご紹介します

上の写真タブを選択し右側の調整スタジオを開きます

編集をすると自動でレイヤーが作成されます。

レイヤースタジオを開き
レイヤー右で表示/非表示の切り替え
ゴミ箱で削除です。

はじめはあまり多くのレイヤーは使わず
2,3枚で調整をかけた方がうまくいくと思います。

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

4.切り抜き

最後に切り出しをしてみましょう。
切り出すことにより絵作りができますし、snsなどに投稿しやすいのでお勧めです。

切り抜きにはいくつかモードがありますが

「元の比率」または「カスタム比率」がお勧めです。
カスタム比率では1:1にすることで正方形で切り出すことができます。
また、切り抜き作業中は写真の傾きも調整可能です。

5.書き出し

最後に書き出しましょう。
画面左上のドキュメントから書き出しを選択し

任意の形式を選択
必要であればサイズや設定を変更「OK」をタップすると
保存先を聞かれますので任意のフォルダを選択し

右上の「追加」で書き出し完了です!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
Affinity Photoには様々な機能がありますが今回は、かなり内容を絞って紹介してみました。
他にも様々な機能がありますのでipad版Affinity Photoだけで編集作業を完結できると思います。
出先で撮った写真を直ぐに編集してSNSに投稿!なんてこともお手軽にできます。

余談ですが、今回使用したのは実家の猫の写真です
チョコという甘い名前とは裏腹に、見た目通り愛想が無くかなりビターな性格です。

担当:Showta

-iPad, デザイン

Copyright© Nomad Life , 2019 All Rights Reserved.