デザイン 日常

絵描きがiPadを装備して1週間、タブレットだけでイラスト完成まではいけるのか

更新日:

ロング

タイトルどおりiPadproが13日に手に入ってから一週間。
今回はiPadproを買ってどう変わったのか、絵の書き味はどうかをiPadで描いた画像とともに書いていきます。
今回制作に使ったアプリはProCreateのみですまず、一週間使ってみた感想としては

仕事は捗る、プライベートの絵を描く時間も増えた!絵描きは買って損がないのでは!

僕の自宅はpcのネット回線が非常に不安定で、ネットに繋がりにくい状態で三年間くらい使っていました(PCで仕事する人間としてはアホですが
そから一転、iPadを持ってカフェに行けばネット環境は提供されるし冷房も効いていて涼しい!一石二鳥で快適な環境をコーヒー代だけで使える。土曜日は代官山の蔦屋書店のスターバックスに五時間くらいいました
これによって家で描こうと思っても手が進まないという現象を抑制することに成功。スイッチを入れれるというかカフェでダラダラしても時間がもったいないしといった感じで描けるようになりました。
最近こういった働き方をする人が増えてきてノマドワーカーと呼ばれるそうですね。絵を描いている人は未だ見たことはありませんが

よく外では人に見られるのが嫌だから絵を描かないという方もいらっしゃいますが自分はそこは気にならないので問題ないですし、そういう方でも合間の時間にラフが描けるだけでも随分と作業の進み具合が違うと思いました。
訳あって今年の9月からこののマドワーカー的な生活が主になる予定でして、モバイル端末は9月までには買わないといけなかったのでちょうどいいタイミングでiPadproが出てくれたなという感じです。なので今からiPadだけで完結させれるように練習しています。

広告

今日までにiPadで描いた絵
趣味絵なのでラフっぽいものが多いです。

1ウミウシ+クリオネ ツール:ProCreate
最初の一枚なので迷走しながら描きました。
ProCreateはタッチが残った荒めの完成になりがちなので仕上げを丁寧することを心がけつつ描きました。

2ユキノオー ツール:ProCreate
練習用にtwitterでポケモンリクエストを募集したもの
あまり時間がかけて描けなかったのとブラシの癖に苦戦。仕上げとしてはエッジが弱い

3ムウマ ツール:ProCreate
ユキノオーよりメリハリある絵を目指したが、まあ練習用ということで完成としては甘いかな

4ガチゴラス ツール:ProCreate
ムウマよりメリハリのある絵を目指し、時間も上2点の絵よりかけて描いた。
ペンを傾けるとかなり太く立てると細く描けるブラシメイン。

5ヒードラン ツール:ProCreate
丸ブラシの不透明度100をメインで描いたもの。どのソフトにも標準で入っていので使いやすい
発光を覆い焼きレーヤーでのせている。それを取ると只々粗い

広告

描いてみた課題点としては

アプリに慣れるまでしばらく時間がかかる。

これは当然だとは思いますが、Photoshopが使えなくなってProCreateとAffinity Photoという使い馴染みのないソフトを覚えないといけないのが課題ですね。
アプリごとにジェスチャーコントロールが違うのでAffinity PhotoでProCreateのジェスチャーコントロールを使おうとしてしまいます。
どこをどう操作したらどういういツールが使えるかなどわからないところが多いですね、これは馴れれば問題はなさそう

クリスタほど綺麗な線がかけない。

ブラシの設定なのか、線キレイに描けていない感じがします。ProCreateで描いた線をクリスタに持っていってクリスタで引いた線と比べるとモッタリした感じがします。
ブラシの設定をいじることで改善できるかな

と今の所こんな感じですかね、ProCreateで綺麗な線を描くのと、納品レベルの描き込み絵を描くにはPhotoshopより時間をかけて描いていかないといけない印象です。
近々,購入したペーパーライク保護シートのミヤビックスOverLay Paperが届くのでそちらを貼った状態のほうが線は描きやすくなるかと思います。

iPadというよりProCreateの使っ感想のようになってしましましたが個人的にはAffinity Photoのほうがフォトショに近いブラシ感でかけるので好みかなと思っています。

-デザイン, 日常

Copyright© Rough Life , 2017 All Rights Reserved.